CONTENTS

映像コンテンツ

この世で一つだけの機械をつくる。
この世で一人だけのエンジニアになる。

動画・社員インタビュー

ショウケンガリレイの仕事を動画で紹介!

 

社長・中堅・新人
それぞれにショウケンガリレイについて聞きました!
 

動画

 

会社紹介動画

ショウケンガリレイ株式会社について動画でご案内。実際に働く社員の様子やインタビューをご視聴いただけます。        

 

インタビュー

2019年12月、当社は、「省研」から「ショウケンガリレイ」に社名変更しました。

固定概念にとらわれず発想し、創造したガリレオ・ガリレイにあやかり、
グループブランドをGALILEIに変えたことと軌を一にしたものです。

GALILEIの「LEI」は「冷」を表し、グループ各社が業務用冷凍冷蔵機器メーカーであることに起因します。
その中で当社だけは、冷凍冷蔵分野に限らず、多様な食品機械を世に送り出していますが、
「冷=COOL」の理念は変わりません。

IoTやAIに象徴される変革の時代に、「かしこくてカッコイイ」COOLなテクノロジーを追求していきます。

社長

私たちがつくるのは、お客様が求める「完全オーダーメイド」の食品機械です。
「機械がすき、ものづくりが好き」その「好き」をどんどん育ててほしいです。そしてものづくりを通して、自分づくりに夢中になってもらいたいなと思っています。
創業50年以上培ってきた固有技術で「冷凍麺のショウケン」と呼ばれるほど得意な冷凍麺ラインを始め、チョコレートやアイスクリーム、時には卵や油揚げなど、食品によって形状や硬さは様々です。ものによっては、固さ・柔らかさの微妙な違い、乾燥や湿気、時間との戦いを強いられるものもあります。形状、硬さが均一ではない食品機械は単純なようで複雑な動作を求められることが多く、そんなとき、人の手のすばらしさをあらためて実感しますね。
だからこそ、その品物一つ一つにあった動作をする「完全オーダーメイド」が求められます。そしてご要望をクリアしたときの「ありがとう」のひと言は、エンジニアにはたまらない醍醐味です。このひと言が、さらに自分をいう人間を成長させてくれます。
「完全オーダーメイド」の機械づくり。その醍醐味に、私自身も夢中です。

技術営業部(焼津水産高校)

入社して最初の10年間、製造をやってきて、様々な食品機械の知識やスキルが身につきました。そしてその後、技術営業に移りました。製造・設計と両方の部署に携わりあらためて感じたことは、機械好きの私が人間好きになったということです。
私たちがつくるのは、世界に一つだけの機械です。機械をつくるためには、お客様の現場に出向き、膝を交えて話し合うことが必要不可欠です。製造・設計としてそうした経験を積んだ結果、人と接することが“苦手”から“楽しい”に変わっていきました。
「完全オーダーメイド」の機械に、正解はありません。もしかしたら、今提案しているものよりも、もっとスマートな方法やアイディアがあるかもしれません。ですが、我々が一番大事にしていることはお客様の満足と、お客様、そして食品を手に取る消費者の方たちが笑顔になることです。その満足と笑顔のために、これからもショウケンガリレイは日々精進していきます。

設計課(科学技術高校 電気工学科)

高校時代、友達とチームを組んでピンポン玉をすくってゴールに入れるロボットづくりに取り組みました。設計図を描き、アルミの板に穴を開けて組み立て、配線も自分たちで行いました。「ものづくりって楽しい。こんなことを仕事にできたらいいな」と思い、当時いくつかの機械メーカーを調べて目に留まったのはショウケンガリレイでした。僕が高校時代につくったロボットも、言ってしまえば完全オーダーメイドです。そこで感じたものづくりの楽しさを仕事にしたい、その夢が叶う場所がオーダーメイトで機械を作っているショウケンガリレイだとすぐに惹かれました。
入社後の研修の時に、食品トレイを積み上げる機械を見てあることに気づきました。トレイを重ねるのなら普通は上に重ねていくのに、その機械は積んだトレイを持ち上げ、わざわざ下に重ねていったのです。「なぜだろう」との疑問を先輩社員に聞くと「そのほうが場所をとらないからだ」と教えてもらいました。確かに、スペースの限られた工場の中では、動作も場所もコンパクトに収まったほうが合理的です。
一つ一つの動きにはちゃんと理由があって、生きた知識が日々、自分の中に入ってくる手応えを実感しています。機械の「なぜ?どうして?」と向き合いう毎日は、新鮮なことが多くとても楽しいです。

製造部 (山梨学院大学 経営情報学部卒業)

大学では経営情報学を受講していましたが、色々なことを学ぶうちに”作り手”側に興味を持ちました。全く経験や知識のない中での就職活動は大変でしたし、実際ショウケンガリレイで働くことになった時も、正直喜びよりも不安の方が大きかったです。 しかし、同世代の方たちはもちろん、年上の方々も気さくに、そして熱心に『職人の技術』を教えてくださります。まだまだ慣れないことばかりで奮闘する日々ですが、自分も早く一人前の『職人』になれるよう切磋琢磨していきます。

技術営業部 (静岡大学 工学部卒業)

技術営業としてお客様の悩みや問題を聞き、それを解決するための機械を設計しています。 飛び込み営業などはなく、お客様の方からアクションをくださるので、常に真摯にそして「一緒に問題を解決したい!」と前向きな気持ちで仕事に取り組むことができます。 また、”そのお客様のためだけの完全オーダーメイド品”を設計しているので、自分のアイディアが世界に一つだけの機械として形になった時の達成感は大きいです。